Event is FINISHED

Positive escape CAMP in Mujinto

Description
✳︎✳︎満員御礼!! ※このイベントは定員に達したため、新規参加者の募集を終了いたしました✳︎✳︎

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖
☆☆参加者の皆様へ☆☆
この度は、Positive escape in Mujinto にお申し込みいただき、ありがとうございます。無人島キャンプ、いよいよ来週に迫ってまいりました。

そこで、無人島キャンプ参加者情報といたしまして、皆様からのご質問と回答、追加の持ち物やお願いなどをこちらに掲載いたします。ご出発前に必ずご一読ください。

[スタッフからの連絡1]
飲料水用の水筒持参のお願い
大型連休中は好天が予想されています。キャンプ地から海まで少し距離がありますので、熱中症予防のため、各自水筒の持参をお願いいたします(SDGs教育の観点から、飲み水はペットボトルでの配布でなく、各自の水筒への配布を予定しております。皆様のご協力をよろしくお願いいたします)

[スタッフからの連絡2]
当日は、たくさんの方がいらっしゃいますので、個人の持ち物には名前をご記入ください。

【皆さまからのお問い合わせ】

Q1.記載されていたもの以外に、持ち物があれば教えてほしい。
A1.4月の和歌山県有田市の気温は、最低気温3.4℃、最高気温23.7℃(goo天気調べ)とかなり幅があります。防寒グッズは、ダウンジャケットがあると安心かもしれません(地の島の夜は、思った以上に気温が下がるようです)。
また、海の近くで遊ぶこともあるので、誤って濡れることもあるかもしれません。お子様の着替えは、予備も含めて多めにお持ちください。
虫が苦手な方は、虫除けスプレーをオススメします。
海のそばの岩場は滑るので、アクアシューズや濡れてもよい運動靴を、履いてくる靴とは別にご用意ください。
その他、日焼け止め、天候によっては雨具もあると安心です。

Q2.保険証は持っていったほうがよいですか?
A2.身分を証明する大切な書類でもありますので、各自のご判断でお持ちいただくかお決めください。お持ちいただく場合は、現金などの他の貴重品と同様に各自で管理いただきますようお願いいたします。



➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖






【子供たちとMujinto に逃避行しよう!】


〜Positive escapeとは?〜


こんにちは。Positive escapeを主催する、COLOR-P(カラップ)代表の町山辰也です。


COLOR-Pでは日本全国に子供たちのための秘密基地をつくっています。
https://www.colorfulplaykids.com/


今回は、Mujintoに、秘密基地をつくりました!



基地の名前は、『Positive escape』


『Positive escape』の意味は、自分の心に目を向けて、心の声を大切にしてあげる時間をつくること。


「心がつかれているな」「いっぱいいっぱいだな」と感じたら、

“ちょっと休憩しよう”

を選択してもいいんだ。それは逃げることではないんだ。


『ポジティブに逃避行しよう!』


私が尊敬する四角 大輔さんから教えてもらった言葉です。



たくさんの情報・選択肢があることは、生きづらさに繋がっているのかもしれません。日々、子供と大人と接していて自分を大切にする選択は、精神的なセーフティネットとしてとても必要だと感じます。『Positive escape』は、一人ひとりが自分にとって最適なライフラインを選択できる秘密基地です。


そして、より自分を大切にすることに集中できる環境化で逃避行してもらえるよう一緒にサポートしていただける先生も呼びました!


中雄丈斗 (なかおたけと)
丈斗先生は、大人と子供の心のケアが出来るスーパー先生!
アメリカで11年間過ごし博士号を2つも持っています。
このキャンプでは、中雄丈斗オリジナルメソッドを使ってマインドフルネスを体験します。
https://jpspo.jp/2017/06/21/カウンセラー%E3%80%80中雄丈斗%E3%80%80(なかおたけと)/


〜『Positive escape』マインドフルネスはとってもいいらしい!〜

このMujinto基地は、「生きる」を学べる場所です。自分自身の本当に大切にしたいことを探し、考え、見つめ、選択できるようになる。将来の予測ができない世界に生きているいま、これからの子供たちはもちろん、大人たちにも必要な教育の場だと思っています。



波の音が聞こえる。森の木々の音が聞こえる。


ここには何もないけれど。『すべてがある』と感じる。


そんな不思議な可能性を感じさせてくれる Mujinto。


ぜひ皆さんとこの秘密基地で会えるのを楽しみにしています!



【以下予定コンテンツ】
●4月27日(土) 【DAY-1】
11:00〜
出港→無人島到着→*参加者チェックイン→ランチ→今日のお家(テント)づくり→**親子で本気で遊ぶ→ごはんづくり→ごはん→片づけ→肝試し→大人ハピネス授業・交流会(丈斗さんへの質問コーナー)→就寝


*チェックイン
1泊2日の本プログラムについて、自己紹介など


**親子で本気で遊ぶ
草で船をつくろう、釣り、流木・石アート、無人島を遊ぶ。(基本『遊び』は、自分たちでつくり出すことを大切にして行います!自分たちの好きなことを見つめて行動するために・・・)


注: 無人島にお風呂はありません。





●4月28日(日)【DAY-2】
朝散歩→ごはんづくり→ごはん→片付け→ビーチクリーン→Mujintoにいれるのもあと数時間・・・思いっきり遊ぼう!→ごはんづくり(ピザ・パスタ)→ごはん→片付け→参加者同士の感謝 & See youタイム

〜14:00
帰船・解散

注: 雨天の場合でも、無人島への渡船が運航される場合は、イベントを実施します。
注: 悪天候などやむ負えずイベントが中止となってしまった場合、 COLOR-P(カラップ)の代替イベントへの振り替えチケット(有効期限2年)として取り扱い、返金は致しません。


【対象】下記に該当する方
・5歳~12歳の子供がいる親子 15組まで
注: 親子で現地までお越しください
注: 子供のみの参加は出来ません


・マインドフルネス、新しい教育の形を作りたい・学びたい人


・将来人材・教育事業を目指し、自身の学びと成長の場にしたい学生


【料金: チケット】
親子(親ひとり、子ひとり) ¥29,800-
追加お一人につき大人 ¥13,000-/子供 ¥8,000-


マインドフルネス、新しい教育の形を作りたい・学びたい人 ¥20,000-


将来人材・教育事業を目指す学生 ¥10,000-

※Peatix以外の申し込み方法もあるため、全ての申し込みが合計15組になり次第、申し込み終了とさせていただきます。

注: 上記はイベントの参加費用です。交通費等は含まれません。
尚、地ノ島漁港から無人島までの渡船料(大人2,000円、子供1,000円)がかかります。
支払いは、当日現金でお願いします。


【キャンセル料】
8日前まで無料
7日前から4日前まで  参加費の30%
3日前から2日前まで  参加費の50%
前日         参加費の80%
当日・無断不参加   参加費の100%


【料金に含まれるもの】
テント、寝袋、懐中電灯、保険、1日目の水、おやつ、夕食、2日目の
水、朝食、昼食


【ご準備いただくこと・もの】
・体調管理
・イベント開始までに各自、必ず昼食及び水分補給を行う
・暖かい洋服、防寒グッズ
・楽しむ気持ち!!!
・常備薬など

【アクセス】
▼ 車でのアクセス
初島漁港までお越しください。漁港には無料駐車場がございます。
※大規模イベントの際は場合により有料となります


ナビの目的地は「初島渡船企業組合事務所」を検索いただくか、下記住所でお願い致します。

〒649-0301
和歌山県有田市初島町浜1769-1


▼ 公共交通機関を利用してのアクセス
JR紀勢本線「初島駅」から徒歩で「初島漁港」(初島渡船企業組合事務所)までお越しください。 初島駅から初島漁港は徒歩7分程かかります。


【このCAMPをつくっているチームについて】
●COLOR-P

https://www.colorfulplaykids.com

「子供も大人も本気で遊び、遊びの中から共に成長していく共育(教育)」をテーマに、普段味わえないような旅やイベントを企画・運営しているCOLOR-P(カラップ)が主催。いつもは、葦で船をつくったり、土で家をつくったりして、子供たちへ「自分の想像を超える体験」を提供。この体験を通じて、「何だって出来るんだ」「仲間がいれば、こんなことも出来るんだ!」という気持ちを育てています
-COLOR-Pのキャンプの特徴-
何ごとにもチャレンジしていく精神を感じられる場作りを目指している
/ 親子の肩書きを外し、「親」も「子」も思いっきり楽しむ(「親」は「子」をみて、「以外にほっておいても大丈夫なんだ」を実感) /「自分の想像を超える体験」の体験 / 必ず現地の子供たちも混ぜてキャンプすることで、参加者間の交流が生まれ、全国に友達が出来るようなサポートをしている


●人間関係構築のスペシャリスト中雄 丈斗さん Taketo NAKAO

http://taketonakao.wixsite.com/nfcc
アメリカでも稀な、夫婦家族療法と、学校心理学、2つの修士号の取得者。アメリカで11年間、病院や学校、特別支援学校などで発達障害や問題行動のある子たち500人以上に対して心理的分野のアプローチを行なって成果を上げてきた後、5年前に帰国。日本ではアメリカの教育機関ではスタンダードな教育となっている、"マインドフルネス"をとりいれたコーチング教育の普及に努める。現在はその活動も含め、教育機関(保育園〜大学校)、社会福祉士、看護師、などへの教育や、アメリカでの活動内容同様、ケアを必要とする親子への支援も引き続き行っている


●Kai Today LLC
海の沖に浮かびながら見る朝日や夕日の美しさや、水平線の曲線を眺めると、地球に生きていることを実感します。私たちは海にたくさんの気づきや癒しを毎回もらってきました。そんな海に、今、大きな変化が日々起こっています。海岸は侵食され、ゴミや汚染物で溢れていく。「人間が生きているあいだ、あと何年美しい海とビーチで幸せな思い出をつくることができるのだろう」ふとそんな思いがよぎり、「海やビーチをきれいにしながら、多くの人に美しい海で、ワクワクしたり、こころがあたたまったり、一生記憶に残る幸せな思い出を残せる場づくりをしよう」と思うようになりました。「海の環境改善と人をつなぐことで地域社会に貢献する」をテーマにSDGs教育・イベントプログラムを企画・運営するKai Today合同会社。本イベント内では、参加者が環境に対しやさしい取り組みが自然とできるような企画を組み込んでいます


●無人島開発サロン「ぼくらの無人島開発記」メンバー
http://mujinto.jp
代表の梶 海斗 (Kaito Kaji)は、19歳のときに初めて仲間と無人島でキャンプをし、限られた資源で生き抜く・仲間との絆が深まる経験をした結果、無人島に”ドハマり”する。以後現在に至るまで約10年無人島での企画を続ける。 現在は2泊3日で「生きるを学ぶ」をコンセプトに掲げる無人島キャンプツアー主催のほか、グループでの無人島旅行事業、社員旅行・社員研修での無人島活用も手掛けている無人島プロジェクトを運営する(株)ジョブライブのCEOでもあり、NPO法人無人島・離島活用協会の代表理事






Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#428102 2019-04-21 03:28:47
More updates
Apr 27 - Apr 28, 2019
[ Sat ] - [ Sun ]
10:30 AM - 2:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
地ノ島
Tickets
親子(親ひとり、子供ひとり) SOLD OUT ¥29,800
新しい教育の形を作りたい・学びたい人 SOLD OUT ¥20,000
将来人材・教育事業を目指す学生 SOLD OUT ¥10,000
大人追加お一人につき SOLD OUT ¥13,000
こども追加お一人につき SOLD OUT ¥8,000
COLOR-P購入済みチケット・親子(親ひとり、子供ひとり) FULL
COLOR-P購入済みチケット・新しい教育の形を作りたい・学びたい人 FULL
COLOR-P購入済みチケット・将来人材・教育事業を目指す学生 FULL
COLOR-P購入済みチケット・大人追加お一人につき FULL
COLOR-P購入済みチケット・こども追加お一人につき FULL
Venue Address
和歌山県有田市初島町浜1769-1 Japan
Organizer
COLOR-P(カラップ)
20 Followers